教育

女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉 私立中学入学時にかかるお金まとめ

女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉 私立中学入学時にかかるお金まとめ

志望校を考える中で、気になるのが入学金など入学時にかかるお金です。

1校1校調べてみたのですが、それぞれの言い方があり、「だいたい…このくらいかな?」的なことしか分かりません。

今回は女子御三家に絞って、私の調べた範囲で「私立中学の入学時にかかるお金」についてご紹介します。

女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉の受験料について

女子御三家の受験料

桜蔭   25,000円
女子学院 23,000円
雙葉   25,000円

女子学院が2千円ほど安いですね。
それぞれ受験日は1日しかありませんので、受験料としてかかるのはこれだけです。

女子学院の受験日について

ちなみに、受験日のことで言うと、通常女子御三家の入試日は2月1日ですが、女子学院に関しては、サンデーショックと言われる、キリスト教系の学校ゆえに、2月1日が日曜となった場合のみ、2月2日に入試が行われる年があります。

受験が翌日の2月2日月曜日にずれるので、桜蔭と併願が可能になることも…。

またプチサンデーショックなるものもあり、2月2日や、2月3日が日曜だった場合に、キリスト教系の学校が翌日に入試日をずらしたり、受験時間が午前入試から午後入試にずれたりする場合などもあります。

サンデーショックまとめ

2020年、2025年はプチサンデーショック。
サンデーショックは2026年です。

とはいえ、入試日程は変わることもあるので、該当年の受験の方は受験する学校の募集要項をご確認下さい。

女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉の入学手続き時納金、寄付金について

 

女子御三家は、入学時納入金としては、入学金だけとなっています。

他校ですと、この入学金の他にも納める金額がある場合もあります。

新女子御三家吉祥女子の場合

入学手続き時に、以下の費用が必要となります。

  • 入学金 250,000円
  • 施設拡充費 175,000円

よって、
入学手続き時納入金は、425,000円になります。

そう考えると、女子御三家は少しだけお得に感じます。

入学時の寄付金について

入学手続き時納入金の横にさらっと書いた「寄付金」ですが、入学時に寄付金のお願いが来る学校が多いようです。

入学時以外は、創立〇周年などで「寄付金のお願い」として学校から来る場合もあるのだとか。

基本「寄付」なので任意です。そのため支払う、支払わないは自由となっています。

『寄付金のあるなしによって、先生から差別を受けるのでは…』という考えが頭をよぎりますが、寄付金による差別はまず無いのだとか。

でも不安ですよね…。学校によっては「感謝の意」として寄付をした人の名前を貼り出す学校もあるそうですので、なんだかそこに載っていないのもなぁ…と。

入学時に支払えば毎年募集がかからないものなので、これからお世話になる学校ということで払う方もいるそうです。

とりあえず、お財布に相談…という感じでしょうか。
それぞれの家庭の経済状況に合わせて、大丈夫かと思います。

ちなみに慶応義塾中等部は、毎年寄付金(1口3万円、2口以上)のお願いがあり、メンタル揺さぶられそうです。

女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉の初年度納入金

 

中学1年生の時にかかるお金、初年度納入金(内訳:入学金、授業料、施設費、教材費、諸経費など)は、以下の通りです。

初年度納入金

桜蔭   約1,046,000円
女子学院 約1,112,000円
雙葉   約1,064,000円

教材費、諸経費などは、年によって多少のばらつきができるので、「約」となっています。

ちなみにこの中に含まれる授業料だけを取り上げると

初年度の授業料

桜蔭   447,600円
女子学院 492,000円
雙葉   529,200円

となります。

授業料だけを見ると、雙葉が高そうに見えるのですが、年間の納入額を見ると、ダントツなのが女子学院ということが分ります。

豊島岡などは初年度納入額が約976.000円、内授業料が420.000円なので、一つの目安にしてみてもいいかもしれません。

高校に上がるときに、また入学金はかかりますが、それ以外はこの初年度納入金から入学金を引いた金額が、毎年かかるお金となります。

その他にかかるお金

その他にかかるお金
その他かかるお金としては、制服代やそれぞれの学校の保護者会費、そして忘れちゃいけないのが交通費などです。

上記の写真は、女子学院の指定する通学可能エリアです。

国・公立中学と進むのと比べると、お茶の水女子大学付属などは初年度納入金で約129,000円なので、女子学院と比べると年100万の差がでる計算です。

せっかく100万円ものお金をかけて学校へ通わせるのですから、学校選びはこうしたお金も含めて、じっくりと検討したいものです。

まぁ、もちろん御茶の水女子に行って、塾にまったく行かない計算なので、本当に100万円も差が出るか…というと、いろいろ考えるとそこはゴニョゴニョしちゃうところです。

そのゴニョゴニョしちゃうところは、こちらのブログでもご紹介していますので
私立中学と国公立中学を悩む場合、お金について悩んだらどうぞ!

私立?公立? 中学受験とお金 子どもに投資するならどの時期か
私立?公立? 中学受験とお金 子どもに投資するならどの時期かはじめに 私立の中高一貫校に入ると、教育費がだいたい月々6万円前後。 と考える方もいるかと思います。 6年間の...

とはいえ、女子学院に入って鉄緑会に入れば、塾代なんて吹っ飛びますが…。

私もこうした記事をまとめていて、見えてくる学校によってのお金の違いなどあるので、是非ともこの記事を参考にして見て下さい。

お金だけじゃない!女子御三家の魅力を感じるのであれば文化祭へ!

女子御三家 桜蔭、雙葉、女子学院の文化祭に行ってみた9月になると、そこらかしこで私立中・高一貫校の文化祭が行われます。 文化祭を見に行くと、生徒の様子を直接見ることができ、学校の印象...
感想はtwitterでもお待ちしてます!


こんな感じでつぶやいてます

POSTED COMMENT

  1. […] 女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉 私立中学入学時にかかるお金まとめ志望校を考える中で、気になるのが入学金など入学時にかかるお金です。 1校1校調べてみたのですが、それぞれ […]

  2. […] 女子御三家 桜蔭、女子学院、雙葉 私立中学入学時にかかるお金まとめ志望校を考える中で、気になるのが入学金など入学時にかかるお金です。 1校1校調べてみたのですが、それぞれ […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です